ブラックジャック必勝法

ブラックジャックにおける必勝法を解説していきましょう。そのためには、基本的なルールを押さえておかなければなりません。
ブラックジャックはテーブルゲームとして非常に人気があり、その理由はルールがシンプルとなっているからでしょう。

ブラックジャック必勝法

ディーラーと1対1で勝負をするものであり、配られたカードの合計が「21」に近づくように引いていきます。
注意しなければならないのは、「21」を超えてしまった時点で負けが決定してしまうのです。そこでディーラーに配られたカードを見ながら、慎重にカードを引いていかなければなりません。

ちなみに、カードの数字の数え方を初心者のために列記しておきます。

2~10までのカードはそのままの数としてカウント。
J、Q、Kはいずれも「10」としてカウントする。
A、これは「1」もしくは「11」のいずれかを選べる。

そして、このゲームには最強となるカードの組み合わせが存在しています。
それを「ブラックジャック」とよぶのですが、これは最初に配られたカードのうち1枚が「A」、もう1枚が絵札である「J」、「Q」、「K」のいずれかであった場合を指しているのです。

この組み合わせが最強となり、相手が通常の組み合わせで「21」をぶつけてきても、こちらの勝ちとなります。

ブラックジャックの組み合わせで勝利した場合には、通常の配当である2倍ではなく、2.5倍の配当を受け取ることができるのです。

ブラックジャックの遊び方

それから、ルールと共に覚えておきたいのが専門の用語となります。
これらも列記しておきますよ。

ヒットとはカードを引くこと。
スタンドはカードを引かないこと。
バーストはカードの合計数が「21」を超えてしまうこと。超えた時点で負けが決定。
プッシュ、これは引き分けを表しています。

それからインシュランスという用語があるのですが、これはディーラー側に配られた最初のカードが「A」であった場合に、ブラックジャックを完成されて負けてしまうことを予想して保険をかける行為を指すのです。
インシュランスを宣言する場合には、自分が最初に賭けた金額に対する半分を追加で支払っておきます。
インシュランスをしておいて、相手がブラックジャックを完成、もしくは「10」を引いて「21」となったときには、保険金の2倍が払い戻され、もちろん保険金自体も返金されます。
上手くいく確率は低いのですが、ここぞというときにはトライしてみても良いかも知れません。

あとは必勝法についてなのですが、これはカウンティングといった手法が紹介されています。
使用されたカードをカウントしておけば、残りのカードにおける傾向を予測することができますので、勝負を有利に運ぶことができるものです。

ただし、カウンティングはカジノ運営側から敬遠されていますので、あからさまにやらないようにしましょう。